ロータリーとは

ロータリーは人道的な奉仕を行い、あらゆる職業において高度の道徳的基準を守ることを奨励し、

かつ世界における親善と平和の確立に寄与することを目指した事業および

専門職務に携わる人が世界的に結び合った団体です。

一言でいえば、ロータリーは、利他の心を養い、人を育てるとともに、

献身的な奉仕活動を行う世界的な団体です。

≪ ロータリーの効果 ≫

1.ロータリーは心の友をつくる

2.ロータリーは人をつくる

3.ロータリーは信用をつくる

4.ロータリーは感動をつくる

5.ロータリーは夢をつくる

6.ロータリーは青春をつくる

7.ロータリーは平和をつくる

ロータリーの目的


ロータリーの目的は、意義のある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。


●第1 知り合いを広げることによって、奉仕の機会とすること。

●第2 職業上の高い論理基準を保ち、職業を高潔なものにすること。

●第3 事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること。

●第4 世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。

四つのテスト

職業人としてのロータリアンの心構え、ロータリーの論理基準から具体的に記述したものが「ロータリー論理訓」だとすれば、それをロータリアンのみならず一般の職業人にも理解できるように、簡潔かつ的確にまとめたものが「四つのテスト」です。

言行はこれに照らしてから

1.真実か、どうか

2.みんなに公平か

3.好意と友情を深めるか

4.みんなのために、なるか、どうか